株式会社いえらぶGROUP/株式会社いえらぶ琉球を退職することになりました

other
スポンサーリンク

ベンチャーの支社スタートアップから拡大まで走らせてもらった7年

どうも、B-K-Cです。今は2019年、先ほど日をまたいで10月の28日になったところで、リビングで何杯目かのコーヒーで一息入れているところです。

今回はタイトルどおりになりますが、いわゆる退職エントリーというやつになります。

私、B-K-Cこと真栄里 悟史は株式会社いえらぶ琉球をこのたび11月末日を以て退職する予定となっております。

※ちなみに11月中は溜まりに溜まっていた有給を消化しつつ、なまりきった身体を動かしたり、勉強したり、子どもたちの送り迎えなど一時の充電期間を過ごす予定です。なので11月は時間は比較的空くので、ランチやご飯など何でも良いですけど、お気軽にお声がけ頂いたら嬉しいです。

株式会社いえらぶ琉球には2012年の10月、27歳にしてウェブ業界未経験のド素人としてジョインして丸7年務めた形になります。
なんだかんだあっという間でしたが、7年という歳月を振り返ったりしてみようかなと思います。

ちなみに退職エントリーを書こうと思ったきっかけとしては、ブログをこうしてやってるのでせっかくならやってみようかなというのもありますが、正直一番の理由としては過去うちを辞めていったメンバーの中で、残念なことですがSNSやブログを使って色々言っちゃってくれたりしてるのを見たんですよね。
別に事実に基づいて不満な部分をちゃんと言ってたら良いんですけど、本名隠してあることないこと書き込んだり、自分の良いように書いちゃってくれたり、それまじでクソダサいし、文句あるなら堂々と正面から言えよなって思ったので、私としてはちゃんと退職のエントリーという形で書こうかなと思ったわけです。

あ、私に関しては別に文句が言いたいわけではないですよ。裏で女々しくやってんなよ、喧嘩売りたいならちゃんと売れよなって言いたかっただけです。(もちろんNDA等々の範囲内でね)
もちろん転職という事にはなるので、何かしらの不安や悩み、不満があるからその決断に至ったわけですが。

これまでの社歴と入社のきっかけ~

※簡単な社歴に関しては当ブログの運営者情報に一応書いてます

2007年に大学を卒業し、新卒として入社したのは全国大手の不動産会社である株式会社レオパレス21、当時賃貸営業マンとして沖縄を離れ山梨の甲府~長野の諏訪・茅野にて営業活動を行っていました。営業マンとしては正直パッとした成績を残したわけでもなく、むしろ色々と黒歴史的なポカをやらかした方が数知れず、当時の先輩や上司には沢山の迷惑や心配をかけました。
まあ、法人へのテレアポ祭りやら飛込み挨拶名刺もらってこいだと、法人系は二度と営業したくないと死ぬほど思ったのもいい経験です。

レオパレス21に関してはリーマンショックで色々あり、これを機にやめて沖縄戻るかという事で退職し帰沖。たまたまの縁で3年ほどダーツバーでプロダーツプレイヤーを目指しちゃったりしたが挫折。

※Count-upは1200over出したりしたんだけど、今はド素人レベルになっちゃいました。

そこから現職の株式会社いえらぶGROUPへ入社するに至るわけですが、当時はなんとなくこれからの時代はWeb業界凄そうだし、ウェブデザイナーにでもなって手に職つけたら良いんじゃないかぐらいの感じでしか考えてないマジのド素人でした。

とはいえ、いきなり未経験でどうしたらいいかもわからなかったので、県が行っていたIT企業への就職支援事業に参加してみたのですが、複数の企業の中でもひと際情熱的な説明会を行っていたのが、いえらぶGROUP代表取締役の岩名社長その人でした。ITの力で不動産業界を本気で変えていきたいという情熱的な岩名社長の話に惹き込まれて、説明会後積極的に話を聞きに行ったりして気がついたらいえらぶGROUPへジョインしていました。

私が入社した時は沖縄支社を立ち上げて2ヶ月目で、今のように独立法人化もしておらず、私を含めてわずか3名しかいない小さな組織からのスタートでした。

何もない環境でしたけど、何もないからなんでも好きに今後を妄想したりすることが出来て、とりあえず沖縄支社で働く人たちを100名ぐらいの組織にはしたいよねっていう漠然とした目標みたいのを掲げながら走りだしました。

いえらぶGROUPについて

そもそも弊社が何をしている会社かというのを知らない人の方が多いかと思うので簡単に説明しておきますね。

株式会社いえらぶGROUPは不動産×IT、いわゆる不動産Techの分野で活躍中の2019年10月現在で創業11年目のベンチャー企業です。
メインの事業は「いえらぶCLOUD」という不動産物件の管理からCRM、ポータルサイトへの広告出稿、オーナー向け機能、その他多様な不動産管理に関する機能を要するクラウドサービスを展開しております。
また、CLOUDのデータベースを活用し、自社ホームページの作成も行っており、SEOやリスティング広告など自社サイトの集客までワンストップで行っています。

GROUP会社としては株式会社いえらぶマーケティング株式会社いえらぶコミュニケーションズ株式会社いえらぶパートナーズ、私が所属する株式会社いえらぶ琉球株式会社ピーシーコネクトという会社がそれぞれ存在しています。

株式会社いえらぶ琉球に関しては、当初から目標として掲げていた100人のスタッフを超え、現在も拡大中というところになってます。

実際なにをしてきたかと言われたら

元々沖縄支社はデザイナーを集めるデザインセンターとして立ち上げた経緯があり、入社当初は私も未経験ながらデザイナー志望として入社しました。未経験なので入社課題もめちゃめちゃ苦労しましたがどうにか終わり、これからデザイナーとして案件こなして頑張るぞ!!というタイミングで岩名社長から「営業向いてそうだから沖縄のクライアント拡大しちゃいなよ」って言われ、、、ぶっちゃけ営業は新卒時代で死ぬほど嫌いになってましたけど、会社やいえらぶCLOUDの可能性と魅力に惹き込まれていた事もあり、2つ返事で承諾して新規の法人営業を行うことになりました。
こうしてデザイナー真栄里は見習い1ヶ月で終わりました(笑

新規営業時代はありがたいことに数社ほど契約を頂き、中には今でもご利用頂いてる会社様もありますが、正直思っていたよりもアポが全く取れず売れず日々悩んでることが多かったですね。そこで各不動産協会に飛込みして紹介もらえないか交渉し、とある協会のイベントのメインの登壇枠を頂けたのは良い思い出でした。事前に本社に話通してなくて後々指導頂きましたが。

まあ沖縄という本社と距離もあるところもありましたし、スタートアップで人もいなくて教育とか管理なんていちいちやってる暇はないし、うだうだする前に自分たちで考えて動くしか無かったという時代でしたね。毎日深夜2時~3時ぐらいまで働いて家帰って軽く寝て出社みたいな、今考えてもなかなか激しかったでしたけど、それはそれでめちゃめちゃ楽しかったですけどね。

【営業時代のごめんなさい】
全く売れ無かった当時、人生初の出社拒否を行うという、会社には心配と迷惑をかける最低なことをしてしまいました。その節は本当にすみませんでした。
 

新規営業から今度は沖縄に既存クライアントのコンサルティング/サポートの機能を移管するというプロジェクトがあり、そこに参画させてもらいました。

本社から既存社員二名、新規採用数名と私の5~6名で数百社の対応・コンサルを行うというなかなかの無理ゲーから始まりました。タスク量という意味では営業よりもこの時の方が目まぐるしく動いていてめちゃめちゃ大変でしたね。それでも半年程度で少しずつ人も増えてきて回せるようになりだし、これからさらに部署を大きくしていけるという兆しも見えたところでしたが、ここで私は現在の部署へと異動希望を行い異動しました。

【コンサル時代のごめんなさい】
急遽の異動希望に関してこれは本当に当時の部署長やメンバー、営業部隊の皆さんにはご迷惑をかけたなと思っています。すみませんでした。
 

当時はSEO課という名称だったかな?現在はSEM課という部署ですが、基本的にはほぼSEOです(笑
これも東京から移管したばかりの部署でしたが、コンサル部署で業務をしながらSEO部署の雰囲気をみてたら直感的にここに俺行くしかないなというのを感じて、行かせてくださいという話をしたような気がします。

異動希望を出したのが2013年の12月で入社から1年と2ヶ月、沖縄支社の当初の構想はデザインセンターとしての役割の予定が、コンサルとSEOの部署が出来、なんならデザイナーよりも両部署の方が人が多いという状態になってましたね。そういうやることも増えるし変わるし色々と環境が激しく変わるのはスタートアップ、ベンチャーの魅力でしょうか。


さて、SEOの部署で最初に行っていたのはGROUPでも初の試みだった大量アルバイト採用・運用の部分。上司の日高さんとともに体制づくりに教育や管理、そこから自社ポータルサイトの改善やクライアントサイトのコンサルレポートや調査対応など色々やってました。正直ここも移管した直後で人が少なくて色々な事に関わらざるを得ない環境だったことに加えて個人的な知的好奇心、そして当時から現在もお世話になっている日高さんの教えもあり、かなりレベルアップさせてもらいました。

自社ポータルサイトでは新規ドメインからのリニューアル案件に携わり、流入・反響獲得施策を行ったり、新サービスの企画、最近だと個人的に勉強していたデータポータルが簡易レポートの仕組化に応用されたり、構造化マークアップの提案などその他色々やらせてもらったのはいい経験でした。

役職的な変遷としては、
2014年8月にチーフ(現:主任)
2016年12月にリーダー(現:係長)
2017年7月に課長〜現在に至る
というような感じでありがたいことに色々評価頂きましたが、正直プレイヤー気質が強い人間なので本当に求められている部分を返せていたかは不明です。

転職の理由について

今回なぜ転職に至ったかという話ですが、正直会社を辞めたいという話自体は相談したのは3年ぐらい前からの話なんです(笑

理由自体はいくつかありますが、1つは個人的な環境の変化と生活水準を上げたいという思い。環境の変化に関しては結婚もし、子どもが出来たことによるもので、将来的に子どもと関わる時間だったりを増やしていきたいというのと、家庭を支える経済力を求めて。
経済力に関しては家族云々は別にして、これも最初から言っていたことですけど、入社の理由の一つにベンチャードリームを感じて入ったという話もして、5年ぐらいバリバリやったら親に100万円ぐらいお世話になった気持ちでポンっと渡したいって話もしてました。
少しずつ給与も増えてってはいますが、現実的にはいまだにピンチの時には親に色々助けてもらってどうにか生活してるような状態な部分もあり、やっぱりその辺りは自分の年齢も踏まえて将来についてはしっかり考えていかないとなと思った次第ですね。

最初にうちについて色々と言ってくれちゃってる元メンバーがいたって話もしましたけど、その辺りも大体が給与と残業時間でどうのこうのという話がほとんどかな確か。

一応内容の主旨としては近いけど、決定的に違うこととしては、俺は未経験なのもあったし、自己成長をして価値を会社に提供しないとそもそも給与だベンチャードリームだなんて言えないと思ってた。そこに自分の人生の時間をベットして来ていたので本気の本気でやっている。クレクレちゃんとは違うので、そこはやることやってから話言えよっては思う。伸びている会社になんとなく入ってなんとなく働いていたらめっちゃ給与もらえるんじゃないかっていうのはベンチャードリームでもなんでもないからね。それはただ舐めているだけだよ。

*今回転職するわけですけど、最初は別に日をまたごうがなんだろうが自分がその給与をもらうに相当するまでさっさと成長するために、時間のハイパー投資はしないといけないと思ってる。最初からそういう覚悟でやっている。
(新卒はともかく中途の人たちって大体そういう心持ちじゃないのかな?って思ってるんだが)

2つめは自身のキャリアアップ・スキルアップ。色々と社内&クライアントのSEO施策などに関わらせてもらいましたが、基本的には自社システムとの紐づきの中で制限があり、ある程度やれる部分は把握して頭打ちになってる部分も多く、個人的にここからの大きなスキルアップは見えづらいなと感じる部分が日に日に増していっていました。

3つめは2つめの内容と矛盾するような部分もありますが、SEOという業種に関わる中でアルゴリズムがどんどん変わり、クローラーが進化していき、将来的には機能的なSEOという物はどんどん淘汰されて、コンテンツの良し悪しというシンプルなものになっていって、業界としては先細るのではないかという不安を感じたからですね。
ひにしあいさんがso.laを退職された際のエントリーを読んで、当時抱えていた将来への不安と同じような話をされていてより危機感を感じたのを覚えてます。

色々あり統合すると、現状のままでいても狭い範囲のSEOしか対応できる経験と能力のままじゃないのか、また、そのSEOという業界を見ても将来的にはどうなっていくのかわからない、そして家族をしっかり養える経済力も持ちたいという事で、新しいキャリア・スキルを求めて転職に至ったという感じですかね。

ちなみに退職相談してから3年かかったと良いましたが、それが幸いしたというか、相談から現在、その間にSEO業界をみればコンテンツイズキングの流れはそのままに、モバイル検索や構造化マークアップなどまた新しいものがどんどん出てきてなんだかんだ面白くなってきましたし、社外キャリアの形成というものに目を向けるよう意識も変わってきて、色々俯瞰して物事を見たり考える時間を作ることが出来たのはよかったかもしれません。

Googleの金谷さんのセミナー参加、それによるコミュニティフォーラムへの参加、ウェブマスターカンファレンスでのLT登壇や県内ウェブ担当者の交流会の開催(イベントしたい)など、これまで社内評価や社内の業務範囲でしか物事を見てなかった部分がかなり変わったなと。

それもあって、より自分自身の次のステップへと気持ちが高まっていったのも事実ですが。。。

正直今の会社は物凄く居心地は良いです。そりゃ最初からいますからね。入社した時から今の会社の成長を見ても正直今後もっと伸びていくと思います。でもそこにとどまり続ける事が私自身が考える不安や自己実現にはつながらないという気持ちがあり、新たな環境で一から自分を成長させるために頑張ってみようかなと思ってます。

今年で35歳、キャリアアップを図るならギリギリのタイミングだと思います。ここから40歳までに個としての力、ブランド力をつけておかないと将来が不安すぎて本当に怖いなと思ってます。

最終的には何かあっても自立できるだけのスキル・経験・キャリアを持っておかないとこの変化の激しい世の中・業界で、いつまでも同じところに居続ける事が出来る、同じ会社がずっと存在してる可能性なんて未知の話だなとひしひしと感じます。

これまでの感謝とこれからについて

ベンチャー企業の支社設立のスタートアップという部分に関われて、3人の組織が今では100名を超える組織になったのは本当に嬉しかったですし、普通では経験できない貴重な機会を得られたかなと思います。

入社当時、未経験でノリとガッツしかなかった私を採用してくれた岩名会長と人事の山口さん、そして沖縄で責任者としてお世話になった新井社長、SEOのイロハからマネジメントや仕組みづくりなど、たくさんの学びと力の差を見せつけられた日高さん、そしていえらぶGROUPの皆さんには感謝しかありません。

最初から最後までわがままばかりになってしまいましたが、本当にありがとうございました。

 

今後の予定ですが、次の転職先に関しては実際に入社してから改めて報告させていただこうとは思いますが、Web広告の分野に携わっていく予定です。広告は未経験なので、不安もありますが、自分自身で新しい力を付けていきたいと望んだ事なので、しっかりとやっていきたいなと思っています。

新しい職場になってからしばらくはそこにコミットするのでいっぱいいっぱいになってる事もあるかと思いますが、いえらぶのみんながどんどんと新しいことに挑戦したり、良いニュースが飛び込んでくる事を期待してますし、応援しています。

会社としてはまだまだ道半ばというところで途中下車してしまいますが、私個人としては当然ずっと走り続けていきますので、温かく見守っていただけたら嬉しいですし、時には気軽に声でもかけてもらえたらありがたいです。
これが今生の別れでもないですし、また飯でもいきましょ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました