【データポータル】Google広告をデータポータルでレポーティングしてみた

キャンペーンデータの日別推移 SEO・WEB
スポンサーリンク

データポータルだとキャンペーンからクエリまで縦断して見れるから超楽な件

どうも、B-K-Cです。

今回はGoogle広告のデータを例のごとくデータポータルに連携させてみました。

私のGoogle広告はキャンペーン・広告グループ(ADG)が一つずつしかなく配信も全然出てないのでデータポータルの恩恵というのは正直わかりづらいですけど、ある程度運用してるアカウントだといいんじゃないかなというのが正直な印象です。

て言っても先ほど述べたように配信も少なく、構造も1キャンペーン1ADGのミニマムな物なので、データポータルも大したもの作ってませんけどw

まあ、データポータルやTableauなどBIツールなどを導入してなくて~という方にでも少し参考になれば嬉しい限りです。

データポータルにGoogle広告のソースを追加してみよう

では早速データポータルとGoogle広告を連携させてレポート作成していきましょう。

データポータル管理画面

データポータルの管理画面、新規でレポートを作成するときには左上の作成から進めましょう。

今回はSEOブログ用のデータポータルがすでにあるので、そこに追加する形になります。
※ちなみに当ブログのデータポータルは以前GTMを開設してみた記事で登場

データポータル新シート追加

既存のデータポータルレポートでGoogle広告用のページを追加しつつ、リソースからデータソースの管理に入っていきます。

既存のデータソース管理画面

データソースの管理画面から「データソースを追加」してGoogle広告を選択していきます。

今新規で作成するようにしていますけど、実際にはすでにデータポータルレポートは作ってるっていうwww

データソース選択画面

各種GoogleのサービスからGoogle広告を選択していきます。

データソース接続画面

Google広告を選択したあとはGoogleアカウントと紐づいているGoogle広告のアカウントが選択できるので(ややこしいな)、接続したいものを選択していきます。

レポート追加画面

対象のデータソースに任意の名前を付けて「レポートに追加」をすればこれでデータの紐づけは完了になります。

複数のGoogle広告アカウントを運用されている場合には、データソースの名前にクライアント名や商材名、対象のLPのドメインだったり差別化をしておかないと後からどのアカウントを設定するかわからなくなるので注意が必要です。

私は特にアカウントを複数持つことが無いので、デフォルトにつけられている「Google広告」という名前のままにしていますけど。

こんな感じでGoogle広告のデータソースの追加が完了しました。

先程言った任意名前を付ける理由の補足になりますけど、上部を見ると既存と同じ名前でGoogle広告のアカウントが出来てしまいましたが、これだとどっちがどっちのアカウントか分からないという感じになるので、それを防ぐためという形です。
※今回作った方は削除しておきました。

データポータルで実際にレポーティングしてみる

さて、データ自体は紐づけたので、あとは任意のレポートの形にしていくだけですね。

今回は特にスプレッドシートとの連携やフィールドなどは追加せずにデフォルトの要素のみで簡単に構成した形です。

こっからはレポートの概要をパパっと説明していきます。

データポータルレポートその1

レポートヘッダー左部
└アカウント全体の基本サマリーの数字データ

レポートヘッダー右部
└レポートの抽出期間(任意での変更可能)
└Google広告のアカウント選択
└対象アカウントのキャンペーン選択

レポート上部
└対象キャンペーンの表示回数とクリック数の日別推移グラフ
(配信出てきたしクリックとコストにした方が良いかもなー)

ヘッダーでアカウントやキャンペーンを任意で切り替えが可能なので、これはあると便利ですね。

キャンペーンデータの日別推移

対象キャンペーンの各データの日別推移。

いつどういう変数に動きがあったのか、インプレッションシェアの動きなども併せて見えておくと外部要因による動きもあったのかなど、推測がしやすくなったりならなかったり。

これを見ると、2/14にKWを拡張させて配信強化したのがすぐにわかりますね。
※2/16は一回ビビって配信超抑制したんですけど、やっぱり再開させたって感じです。

キャンペーン_週別推移

日別推移の下には週別の推移と曜日別でのレポートを配置。

週別は年全体での週計算なので何月の何週という形ではないですけど、週単位での動きが見れるのと、曜日ごとのサマリーが見れるので、何曜日に競合が入札を強化してくるのかとか曜日毎の傾向値も見やすいですね。

ADGレポート

キャンペーン下部にはADG・KW単位でのサマリーを配置。

ADGでもキャンペーン同様に日別推移とか出せるんですけど、1キャンペーン1ADGなんで別にいいかなと思って特に設定してないですw

KW・クエリのサマリー

最下部にはマッチタイプに各要素のKW比率と、クエリリストを配置。

マッチタイプ別に各要素のKW比率がパッと見で分かるのはマジで便利すぎです。

完全一致比率だったり、部分一致でKWを拡張させすぎて無駄にコストを吐きすぎていないかとかをパッと見てわかるのは楽ですね。

いちいち管理画面からキーワードリストを落としてエクセルで関数組んでとかの必要が無いですからね。

そして最後はクエリのデータですね。

ただ、クエリに関しては数が膨大になるので、コストだったりCVやCPAなど重要視する要素でTOP50とかパッと見れるようにしておいて、必要な際には管理画面からシートを落として細かく見ていくなどするようにするだけでも初期分析の考察程度ならある程度スピードは速くなるかなと思います。

こんな感じでGoogle広告版のデータポータルレポート完成

デフォルトのデータで簡単に組んだだけでも上からざっと見るだけでもいつ、どこの要素に変化があったのか、どこに問題がありそうなのか見つけるための初速は上がるかと思います。

あとはレポートをもう少し成型したりすると、そのままクライアントへ提出できるような形にすると、普段のレポート作成の業務スピードも短縮できるかなと。

毎回エクセルでデータ成型してレポート作ったり、もう少し見た目的にきれいなレポートとかを作りたいなと思ってる方は、データポータルを活用してはどうでしょうか?

無料なのでまずはデータポータルから入ってみて、機能に不足があると感じるならTableauなど他のBIツールを導入してみるなどもいいかと思います。
※私はTableauは使ったことはないですけど。

あと、最後に今回作ったデータポータルレポートの全体像も載せておきますね。

Google広告_データポータルレポート

コメント

タイトルとURLをコピーしました