【SEM】ディスプレイでリマーケティング出稿の設定してみた

キャンペーン作成:ディスプレイ広告選択 SEO・WEB
スポンサーリンク

今回はサーチではなくディスプレイ広告を設定(RTG)

どうも、B-K-Cです。

サーチでのGoogle広告出稿→広告表示オプション(サイトリンク表示オプション)とやってみましたが、今回はディスプレイによるリマーケティングの広告出稿をしてみようと思います。

▼リマーケティングについて

リマーケティングは、以前にお客様のウェブサイトやモバイルアプリを利用したユーザーとつながるための方法です。リマーケティングを使うと、こうしたオーディエンスが Google またはパートナーのウェブサイトを閲覧する際に、戦略的に広告を配置できるため、ブランド認知度を高めたり、購入を促したりすることができます。

リマーケティングについて – Google 広告ヘルプ

まあ色々なタイプがありますけど、今回設定するのは単純にウェブサイトに訪問したユーザーに対して広告配信をするというタイプになります。

まずは新しくキャンペーンを作成しよう

早速ディスプレイの広告出稿を行うためにキャンペーン→広告グループ→広告を作成していきましょう。

新規キャンペーン作成

対象アカウントから新キャンペーンを作成していきます。

前回ブログで書いたようにキーワードを拡張させたおかげで配信が伸びて良い感じにCOSTが増えてってますね。すごく複雑ですw

キャンペーン作成:ディスプレイ広告選択

広告出稿した時と同様の流れですが、今回はディスプレイでの配信なので「ディスプレイ」のキャンペーンタイプを選択していきます。

ディスプレイキャンペーン設定

キャンペーンタイプを選択したら、任意のキャンペーン名を設定してその他の設定もどんどん進めていきましょう。

ディスプレイ:キャンペーンの言語と予算設定

言語の設定とクリック単価・日予算を設定してキャンペーン粒度の設定は完了。

広告グループの設定とオーディエンスの設定

キャンペーンの作成が終わると次は広告グループの設定になります。

広告グループの設定の時にリマーケティングにて配信するユーザー層の設定も行っていきます。

ディスプレイ:広告グループ設定

広告グループ名を設定(説明入れるの忘れた)をして、ユーザーの項目にてリマーケティング対象のユーザーを設定していきます。

今回はリタゲにて配信をしたいので、ウェブサイトに来たユーザーを設定していきます。

そのために、「オーディエンスマネージャー」にてウェブサイトを訪問したユーザーのリスト設定をあらかじめ作成しておく必要があります。

オーディエンスマネージャー新規作成

オーディエンスマネージャーの画面に遷移し新規オーディエンスリストを作成しましょう。

作成するオーディエンスリストの選択

配信ユーザーの配信面を選択できるので、今回は「ウェブサイトを訪れたユーザー」を選択。

色々こまごましてますけど、、、

①オーディエンス名を設定
└後々組み合わせしやすいように名前には内容を入れておくとよい、今回だと「_540日」の部分
②オーディエンスのユーザーを選択(今回はページを訪問したユーザー)
③訪問対象となるURLを選択
└例:TOPページだけのユーザー、第二階層まで、フォームに来たユーザーなど色々組み合わせ可能
→ユーザーの興味の強さ(顕在層・潜在層など)で振り分けて広告の内容を変えたり、分析の材料にすることが可能
④有効期間の設定(最大540日間)
└組み合わせによって、訪問して2日間のユーザー、一週間、一ヵ月・・・などそれぞれの期間(リーセンシー)に対しての広告の内容を変えたり、分析の材料にすることが可能
→小売系ならリーセンシーは短いが、不動産や金融系などはリーセンシーは長いなど商材によってねらい目のユーザーが変わったりもするが、その分析の元とすることが出来る。

とはいっても私の個人ブログの流入ボリュームは大したこともないのと、CVポイントがなく流入がメインなので、URLもサイト全体に流入したユーザー、リーセンシーもMAXの540日のみで設定します。

また、右側には設定したオーディエンスリストの母数の想定値が表示されますが、あまり細かく設定を分けすぎると対象ユーザーが少なくて、配信が全くでない(0インプレッション)という状態になるので、最初はユーザーのデータを集めるために細かくわけず大枠で設定しておく必要もあったりします。

私のブログはかなり広くするように設定はしていますが、ユーザー母数が少ないので現状だとおそらく配信は出ないです。

540日の有効期間でユーザーリストを作成するようにしているので、その期間内でユーザー母数を増やしていき、ある程度溜まったら配信が出るかもっていう感じですね。
※もしくはそもそもリタゲじゃない配信方法にすればいい

オーディエンスリスト作成完了

とりあえず各種設定を終わらせると、このように訪問ユーザーへのオーディエンスリストが作られます。

オーディエンスリストの設定

オーディエンスのリスト内に先ほどオーディエンスマネージャーで作成したリストがあるので、それを選択します。

ディスプレイ広告を作成:クリエイティブ作らなくても大丈夫だった

オーディエンスリストが作成できたので、あとは実際に配信される広告を作成するだけです。

今回は検索ではなく、ディスプレイでの広告なので基本的には画像や動画などクリエイティブを作成してそれを広告として出稿していきます。

とはいえ私はクリエイティブを作る能力は無いのですが、そんなに凝ったものでもなくていいのであれば事前にクリエイティブを用意しなくても大丈夫です。(後述)

ディスプレイ広告を作成

広告作成の画面はこんな感じで、基本的にはサーチと似てますが、画像や動画の設定項目があるという感じです。

画像の選択:ウェブサイトから

クリエイティブを作成しなくてもいいというのはこれなんですけど、画像選択の項目を進めると、ウェブサイトからスキャンということで、対象サイトから画像を引っ張ってきてくれます。

これを広告配信用の画像として流用することが出来るので、簡単なもので良いならそれで充分な場合もあります。

ストック画像

また、ウェブサイトだけじゃなくて、媒体側でサイトと関連性の高い画像を引っ張ってきてくれるので、それを当てることも可能です。

私の広告は実験的にやってるだけなので、ウェブサイトのTOP画像などをそのまま流用するだけで充分です。

ディスプレイ広告の設定完了

広告からの遷移先URL、画像やロゴの選定、広告見出し・説明文・会社名などの項目を入力していきながら、右側でプレビューを確認して設定を進めていきましょう。

ディスプレイキャンペーンの作成完了

キャンペーン設定・広告グループとオーディエンスリストの設定・広告設定が完了すると、ディスプレイキャンペーンの設定が完了になります。

管理画面にてディスプレイキャンペーンの作成確認

実際に管理画面に戻ると、先ほど作成したディスプレイのキャンペーンが確認出来ます。

ディスプレイ:審査中

キャンペーンから広告までは設定出来ていますが、広告出稿してからすぐに配信というわけではなく、広告内容の審査があるので、それが問題なく完了するまでは配信が出来ませんのでご注意。

審査内容の各アセットの確認

広告の詳細を見ると、審査内容の各アセットの状況も確認することができます。

審査完了後、ポリシー違反などがあった場合にはどこに問題があるのかなど確認していきましょう。

ディスプレイによるリマーケティングキャンペーン(今回はリタゲ)の設定完了

これで一通りの設定が完了しました。

オーディエンスリストの組み合わせ辺りが基本的には肝となる部分になります。

年齢や性別、デバイス、訪問階層、リーセンシーその他さまざまな組み合わせによって広告を振り分ける事が出来るので、各ユーザー層にあった広告を配信するという事が出来ます。

こういう風に言うと、ついつい細分化したくなることもありますが、細分化していくだけの母数だったりユーザーがいるのであればいいとは思いますが、ボリューム足りなくて配信が出ない状態にならないように気を付ける必要があります。

また、手段が目的化して、細分化して分析してる風なイメージで無駄に組み合わせリストを作りすぎて工数だけかかってしまうという懸念もあるので、ちゃんと目的と自分たちのユーザーがどういう物なのか理解したうえで、必要な分だけの組み合わせを作ることが良いかなと思います。

この辺りは私もSEM領域に入ってまだまだ経験値が足りていないので勉強していってるところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました