【SEOあるある】順位が低い・表示回数・クリック数が少ないコンテンツ=低品質コンテンツということ?

quality SEO・WEB
スポンサーリンク

自身で作ったコンテンツは低品質だと思って作ったのか?

どうも、B-K-Cです。

こういう質問、たまにありませんか?(もしくは考えたこと)


「検索順位が低くて検索結果やサーチコンソールに表示されないコンテンツは低品質コンテンツじゃないか?」

「表示回数が0、少ないコンテンツを削除、またはnoindexにした方がサイトの評価が向上するのでは?」


結論から言うと「それは違うと思いますよ」っていうのが毎度の回答です。

そもそもなんでこういう質問が出てくるんだろうなーっていうところからちょっと考えてみたりしてみようかなと。

低品質コンテンツの定義、設定の仕方おかしくないですか?

ひとまず、低品質コンテンツというものが実際に存在したとして、その対処法についてはこちらの記事などを読んで頂けたら良いかと思います。

低品質コンテンツは削除すべき? 改善すべき? ゲイリーの正論vsランドの現実【SEO記事11本まとめ】 | 海外&国内SEO情報ウォッチ
低品質コンテンツの第一の対処法は“改善”、その検討のうえで削除はアリ
低品質コンテンツによる検索への悪影響はnoindexで回避できる、ただし一時しのぎ | 海外SEO情報ブログ
品質の低いコンテンツがサイト内に存在する場合、品質を高めることが最も望まれる対処だ。しかし、すぐには対処できない場合は、低品質ページを一時的に noindex にすることでサイト全体の評価に悪影響を与えないようにすることができる。
  1. コンテンツ自体をリライトなどを行い、品質の改善を行う(推奨)
  2. コンテンツを削除する
  3. コンテンツをnoindexにする

というような内容ですけど、先程も言ったように本当に低品質コンテンツと呼べるものであれば、上記のような対処を行っていく必要はあるかと私も思います。


但し、ここで気をつけなければいけないのは低品質コンテンツとはどういったコンテンツか?・・・です。

「低品質コンテンツとは~」みたいな形で言及されているコンテンツはWeb上に多く見られますが、リンク貼りたくないので、簡単に要約しておきます。

【よくある低品質コンテンツとはの定義】

  • 平均掲載順位〇〇位より下のコンテンツ
  • 表示回数〇〇回以下のコンテンツ
  • クリック数が数回のコンテンツ
  • テキストが少ないコンテンツ
  • オリジナル性の低いコンテンツ

ていうのが主に見られる内容かなと。
賛同できるのは最後のオリジナル性の低いコンテンツ、あとはコンテンツの内容によって変わるから一概に言えないけど、テキストが少ないコンテンツっていうのも状況によってはそうなる場合もあるかなって感じ。

サーチコンソール(またはアナリティクス)の数字がこうだから低品質コンテンツだよねっていう話をするのは「は?」って個人的には思います。

低品質コンテンツについては、先程紹介したWeb担当者フォーラムの記事でこう表現されてますが、

そう、「ゴミのようなページ」です。

例えば、機械的に生成された中身の無いコンテンツや、他コンテンツの内容をトレースしたりコピーしたりするようなコンテンツだったりそういうものです。

「あなたが作ったコンテンツはゴミのようなコンテンツなんですか?」って言いたいです。
(実際にそういうコンテンツが存在したり、作られてしまっているなら以下略)

サーチコンソールのデータについて

もし、ご自身でしっかりとユーザーの事を考えて作ったコンテンツであれば、現状のGoogleからの評価問わずそれはそれで別にいいと思います。

短絡的にサーチコンソールのデータを見て低品質だとかいうのは、さっきも言ったように意味不明です。

この話をする場合にはサーチコンソールの平均順位や表示回数の集計について理解を深めておく必要があります。

表示回数、掲載順位、クリック数とは - Search Console ヘルプ
このページでは、検索アナリティクス レポートの表示回数、掲載順位値、クリック数のデータについて説明します。 ここで説明するヒューリス

で、実際に検索結果に表示される回数が少ない要因というのを考えると、

  1. 検索クエリ自体がニッチ過ぎて検索ユーザーが少ない
  2. 検索順位が低い

というのが主な要因になります。
そして、上記のようなコンテンツが果たして低品質コンテンツなのか?という話です。

これって、検索ユーザーが少なかったり、競合性が高いなど、コンテンツ自体ではなく、実は第三者との関係性が関わってる場合が多かったりします。

数百~万単位のコンテンツで言及されている検索クエリがあったとして、その中で順位が出てないことは品質としておかしいですか?

数字は気づきのきっかけや指標とするのは良いですけど、その数字がなんでその数字になっているのかを見極めたりすることが大事で、「数字を見るまで」でストップしてその先の思考や実際にそのコンテンツがどうなってるかを見てないこともよくあります。

まあだから今回のような質問が多かったりしてくるわけですけど。

数字とコンテンツ、両方を見ることが大事

さっき言ったんですけど、数字は結果であり、気づきを知らせてくれるツールです。

確かに低品質コンテンツであれば、自ずと数字も低くなるでしょう。
但し、それが逆説的に数字が低いコンテンツはすべて低品質だと断定するものではありません

数字の低いコンテンツがあるとしたら、そのコンテンツの中身を見て、何か問題があるのか、ターゲティング自体がおかしいのか、運用したばかりなのか、検索ボリュームが単純に少ないのか、色々そこから考えられる事があると思います。

そして、最初から「ゴミのようなコンテンツ」を作ろうと思ってコンテンツを作成してはいないと思いますので、基本的には低品質なコンテンツという概念は気にしないでいいとは思ってますが。

そういうのを作って手軽に流入増やそうとか思ってる人は、性根から叩き直してくださいとしか言えないです。


結局は基本の基本ですが、ユーザーに伝えたい何かをちゃんと発信しようとしたり、自分の好きなことをコンテンツにしたりと、色々あると思うんですけど、「ゴミみたいなコンテンツ」ではなく「みずからが自信を持ってちゃんと作ったコンテンツ」と言えるものであれば良いかと思います。

まあなんかしらこういう評価がどうとか言うのは、企業でなければ大体はなにかしら収益等を考えた人達が多いので、色々あるんでしょうね、、、とは思ったりもします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました